【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

人は誰でも、完璧な片づけを一度でも体験すると、人生がときめくような感覚を覚えます。そして、「片づけたあと」に人生がドラマチックに変化していくのを実感します。❞ 

(書籍:人生がときめく片づけの魔法 「はじめに」より引用)


本コラムは、実際の片づけ体験談をご紹介するインタビューシリーズです。

 

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

 

子どものモノが大量に増え、散らかり放題の家

もともと整理整頓が苦手だった私。

一人暮らしだった頃は、来客がある時だけ押し入れやクローゼットにモノを突っ込んで、なかったことにしていました。その頃は、そんな状態であっても部屋が片づいていないことをあまり気にもしていなかったです。友人宅やテレビで素敵なおうちを見て”こんな家だったら良いな”と思っても、”自分にはできない”そう思って、どこか他人事で終わっていました。

 

でも、子どもが生まれてからはモノがすごい勢いで増えてゆき、家は常に散らかった状態になりました。

いよいよ私は乱雑な家が本当に嫌になり、いつも途方にくれていました。

 

そこから、整理収納アドバイザーの講座を受けたりして、いくつかのやり方で片づけを始めました。

悪戦苦闘しながら片づけを進めてみるのですが、一時的に部屋が落ち着くだけでしっくりこず、結局またすぐに散らかった状態に戻ってしまうんです。

それから少し経って、仕事を辞めたタイミングで、”家のことちゃんとやろう!”と決めました。

ちょうどその辺りでNetflixでこんまりさんの番組を観たり、こんまりさんのオンラインサロンの存在を知って。色々タイミングが合っていたのだと思うのですが、「こんまり®︎メソッド」でやってみようと思い、片づけを始めました。

 

私が、”ときめき”がわからなかった理由…

片づけを始めてみたものの、私には“ときめき”という感覚がよくわからなくて。。

 

子育てに奮闘する中で、“子どもが最優先、自分のことは後回し”なのが当たり前になってしまっていて、”自分を大事にする”という感覚が鈍すぎたんだと思います。

衣類と本のカテゴリーを終わらせた後、一旦中断してしまいました。

 

その後、自分の部屋を見渡すと、「たぶんこれ全部、私の頭の中だ」と思ったんです。

 

モノであふれて、空気がどんより、ぼんやりとしていて。「スッキリさせたい」と思いました。絶対に片づけると決心して、もう一度チャレンジしました。こんまりサロンのメンバーさんと励まし合ったり、こんまり®流片づけコンサルタントの方の素敵なおうちをモチベーションにしながら、片づけを終えることができました。

 

片づけが教えてくれた、“大切にする”ということ

片づけ最中、ある時に「あ、これがときめきっていうんだ」と分かったときに、視界がパッと明るくなりました。

いかに私が自分自身をおざなりにしていたのか気づかされました。子ども優先は仕方がないけれど、どうしてここまで、自分を大切にできなかったんだろう?と、目が覚めたような気持ちでした。

 

大切にしていなかったのは、モノも同じでした。

片づけをしてみると、「とりあえず」で適当に選んだモノがすごく多かったことに気づきました。使いやすさや可愛さ、色々なときめきがあるのに、一つ一つ大切に向き合ってこなかった、いろいろなことを適当にしていたんだなと感じました。

 

それからは本当に欲しいモノ、好きなモノしか買わなくなり、その分愛着がわいて、モノを丁寧に扱えるようになりました。モノをただのモノとして扱うのではなく、一つ一つ向き合って一緒にいるパートナーのような、そういうモノとの関係性をすごく好きになりました。

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

すっきり片づいたリビング♪

 

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

片づけたことで、お料理がしやすい!と、夫も実感してくれたキッチン♪

 

片づけを終えて手に入れたもの

片づけを終えて私の中で人生が変わったと感じるのが、探し物の時間がなくなったこと。

 

私は昔から、出かける前に鍵を探してバタバタしているような子だったんです。子どもが生まれてからは余計にバタバタするし、いつも何かを探してイライラしていました。そんな無駄な時間やストレスがなくなったことは、私にとってはとても大きいことでした。

 

探し物の時間がなくなって、「なんだか時間に余裕がある!何すればいいんだろう!」とウキウキしました。

無駄な時間が、自分のときめくことに使える時間に変わりました。お花を飾ったり、お茶を飲んでほっとしたり、ストレッチしたり。

今までだったら少し時間があったとしてもだらだらとスマホを見たりしてしまっていたのですが、「なんとなく」過ごすのではなく、自分がときめく時間の過ごし方をフットワーク軽く選択できるようになりました。自分の楽しめる時間を確保することって、自分を大切にすることですよね。片づけをしたことでやっと自分を大切にできるようになりました。

 

子育て中の方は特に時間がないし、自分のことが後回しになっていると思いますが、「自分を大切にするためにも絶対片づけを始めたほうがいい」とお伝えしたいです。今苦しいと思っているなら、片づけが嫌いでも、一回でもいいから、始めてみてほしいです!

 

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

空いた時間に一息♪

 

 

・公式LINEアカウント ご登録は画像から

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

 

▼KMJインスタグラムアカウント

#わたしの片づけ体験記 #素敵なお部屋を発信中

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

 

▼こんまりのオンラインサロン

片づけを終わらせ、ときめく毎日を送りたい人のためのコミュニティです。

【わたしの片づけ体験記 】Vol,10〜自分を大切にすることを忘れていた私を変えてくれた、“ときめきで選ぶ”片づけ〜

 

この記事を友達にシェア!
category: column